beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「大役を任された」愛弟子・青山が森保Jのキャプテンに

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF青山敏弘が森保ジャパンのキャプテンに就任した

 日本代表森保一監督がMF青山敏弘(広島)をキャプテンに任命した。8日の練習後、「(青山に)キャプテンをやってほしいという話はした」と明かし、広島監督時代の愛弟子への信頼を口にした。

「青山が普段、オンザピッチ、オフザピッチでやっていること、いつもどおりの姿勢を示してくれればいいという話はした。そこは本人も分かっていると思う」。恩師の言葉に青山は「一番大変なときに大役を任された」と表情を引き締める。

 森保ジャパンの初陣であり、北海道胆振(いぶり)東部地震の影響で試合が中止となるなど、想定外の事態が起こる中でチームをまとめていかなければならない。「チームを強くしたいという思いはみんな一つだと思う。個人をアピールしないといけないけど、その前にチームが勝たないといけない。そのための個人というのはみんな分かっていると思う」。

 キャプテンとしての所信表明を述べたチーム最年長の32歳は「こういう状況になって何ができるか。自分一人ではできない。みんなでどういう方向に行くか、支え合っていくか。いい方向に行っていると思うし、それをサッカーにつなげたい」と力を込めた。

(取材・文 西山紘平)

●アジアカップ2019特設ページ

TOP