beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

堂安痛恨のPK失敗…フローニンゲン3連敗で最下位転落

このエントリーをはてなブックマークに追加

PK失敗で頭を抱える堂安

[9.23 エールディビジ第6節 フローニンゲン1-3AZ]

 日本代表MF堂安律が所属するフローニンゲンはホームでAZと対戦し、1-3で敗れた。フローニンゲンは3連敗で最下位に転落した。

 1点ずつを取り合って迎えた前半アディショナルタイムに大きな動きがあった。まずはフローニンゲンのDFデヨファイシオ・ゼーファイクが退場処分となってしまう。しかし直後にPKを獲得すると、堂安がセット。だがGKにキャッチされてしまい、勝ち越しのチャンスを逃してしまう。

 1人少ないフローニンゲンだったが、後半に入ると積極的に前に出る。堂安も途中から1トップに入って奮闘。しかしシュートはなかなか枠を捉えない。すると後半31分にカウンターからMFデヨファイシオ・ゼーファイクに決められ、勝ち越し点を献上。同32分にはオーストラリア代表MFアルディン・フルスティッチも退場となり、さらに数的不利を強いられると、同アディショナルタイムにダメ押し点を決められてしまった。

 堂安はフル出場。しかし結果的に開幕戦以来となる今季2ゴール目のチャンスを逃し、チームをホーム初勝利に導くことは出来なかった。

●海外組ガイド
●オランダ・エールディビジ2018-19特集

TOP