beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

原口、新天地で厳しい船出…「W杯のスターに居場所はない」と独メディア

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハノーファーで唯一ロシアW杯を経験したMF原口元気

 今季、新加入したハノーファーで10番を背負うMF原口元気は新天地のスタートで苦戦していると独『ビルト』が伝えている。

 原口はハノーファーのチームメイトの中で唯一ロシア・ワールドカップに出場。4試合中3試合に出場し、ベルギー戦(2-3)ではゴールを挙げている。同紙は原口を「ワールドカップのスター」と形容しながらも、「唯一のワールドカップのスターに居場所はない」と辛辣な見出しを打った。

 今季、ハノーファーに加入すると、開幕から3試合までは2試合に途中出場し、22日の第4節ニュルンベルク戦(0-2)で待望の初先発。『ビルト』は「日本代表ではロシアW杯のメンバーに生き残ったが、最初の3試合では生き残れなかった」と指摘。ニュルンベルク戦では退場者が出たこともあったが、前半のみの出場となったことについては「原口は指揮官の信頼を勝ち取れず、ハーフタイムで交代となった」と伝えている。

 中2日で迎えた25日のホッフェンハイム戦はメンバー外となり、原口にとっては厳しい船出となっている。

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2018-19特集

TOP