beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

酒井&伊藤はともに先発…ハンブルガーSV、ボーフムとスコアレスも4戦負けなし

このエントリーをはてなブックマークに追加

フル出場を果たしたハンブルガーSVのDF酒井高徳

[10.21 ブンデスリーガ2部第10節 ハンブルガーSV0-0ボーフム]

 ブンデスリーガ2部第10節が21日に開催され、MF酒井高徳とMF伊藤達哉が所属するハンブルガーSVボーフムをホームに迎え、0-0で引き分けた。酒井は先発フル出場を果たし、同じく先発出場した伊藤は後半18分に交代している。

 前節のダルムシュタット戦(○2-1)で4試合ぶりの勝利を手にし、ここ3戦負けなし(1勝2分)のハンブルガーSV。前半22分にはDFドグラス・サントスのクロスのこぼれ球に反応したFWファン・ヒチャンが右足で強振するも、シュートは相手GKの守備範囲に飛んでしまった。

 前半37分にはショートコーナーを受けた伊藤が切れ込んでシュートを狙うが、ボールはゴール右に外れてしまう。さらに同42分にはカウンターの流れから左サイドでボールを受けた伊藤が、相手選手をかわしてフィニッシュまで持ち込んだものの、PA外から放ったシュートは相手GKにストップされてしまった。

 0-0のまま後半を迎えると、同18分にハンブルガーSVベンチが動き、伊藤に代えてFWピエール・ミシェル・ラゾッガがピッチへと送り込まれる。その後も、同31分に右サイドから切れ込んだ酒井のミドルシュートが枠を外れるなどハンブルガーSVに得点は生まれなかったが、シャルケにもゴールを許さずに試合は0-0のドローに終わった。

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2018-19特集

TOP