beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ELに温存?酒井宏は今季初のメンバー外に…3位マルセイユは連勝も得失点差で4位にダウン

このエントリーをはてなブックマークに追加

DF酒井宏樹は今季初のメンバー外に

[10.21 リーグアン第10節 ニース0-1マルセイユ]

 フランス・リーグアンは21日に第10節を行った。日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユは敵地でニースと対戦し、1-0で勝利。酒井はメンバー外となり、欠場している。

 3位のマルセイユは12位のニースに挑み、1-0で勝利。前半42分にMFモルガン・サンソンがPA内でパスを受けると、鋭い左足シュートをゴール右隅に突き刺し、先制点を挙げる。そのままマルセイユは逃げ切りに成功し、今季2度目の連勝を達成した。

 同勝ち点で同得失点差だった4位モンペリエが2-0で勝利したため、マルセイユは勝利したものの、順位は3位から4位に下がっている。前日のスタメン予想まで名を連ねていた酒井は、直前にメンバー外に。戦力面でメンバー外になった可能性は低く、負傷か25日のヨーロッパリーグに向けた温存という見方もある。

●海外組ガイド
●フランス・リーグアン2018-19特集

TOP