beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ネイマールが語るサッカー界の“2大巨頭”「メッシはアイドル、C・ロナウドは…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネイマールクリスティアーノ・ロナウドリオネル・メッシについて語った

 パリSGに所属するブラジル代表FWネイマール(26)が、サッカー界の“2大巨頭”について語った。英『フォー・フォー・トゥー』が伝えている。

 2013年5月にサントスからバルセロナに加入したネイマール。在籍4シーズンで公式戦186試合に出場し、105ゴールを記録したが、昨年8月にパリSGへ活躍の場を移した。ここまで同クラブのエースとして公式戦42試合39ゴールを記録しているが、移籍の報道が絶えず、バルセロナ復帰やレアル・マドリーへの移籍が噂されている。

 友人であるNBA(北米の男子プロバスケットボールリーグ)のゴールデンステイト・ウォリアーズに所属するステフィン・カリーとの対談で、ネイマールがバルセロナアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(31)と、ユベントスポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(33)について語った。

 まずメッシについては、「彼はサッカー界に名前を残す選手の一人だ。サッカーにおける僕のアイドルでもある」と元チームメイトを称え、「彼と一緒にいたときは、毎日が勉強だった。練習のときも、試合のときも、彼のプレーを眺めているときでさえそうだった。そのときの経験が僕を強くしてくれ、試合でできることが多くなった。彼から多くを学ぶことができた」と語り、メッシに感謝しているようだ。

 また、C・ロナウドを「モンスターだ」と表現したネイマールは「彼と対戦するのはプレッシャーだったし、光栄でもある。いずれにせよ、入念に準備しなければならないのは確かだ。彼もサッカー界で最高の選手の一人。こちらも賢くならなきゃいけないし、警戒しなくちゃいけない。だけど同時に彼から学ぶことも多い」と敬意を表した。

 ネイマールはバロンドール獲得を夢見ている。10月に発表された30名の候補にもメッシ、C・ロナウドとともに名を連ねている。「彼らからもっと学びたいし、勝ちたいと思っている。僕はもっとトロフィーがほしいし、ゴールがほしいからね。だから2人から毎日学んでいるよ」と最後まで尊敬する気持ちを忘れなかった。

●フランス・リーグアン2018-19特集
●リーガ・エスパニョーラ2018-19特集

TOP