beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

リバプールが犯した“過ち”…レッドスターの元Jリーガーが金星の要因を語る

このエントリーをはてなブックマークに追加

元横浜FMのDFミロシュ・デゲネク(右)

 レッドスター(セルビア)に所属するオーストラリア代表DFミロシュ・デゲネクが、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)でのリバプール(イングランド)戦の勝利について振り返っている。英『リバプール・エコー』が伝えた。

 レッドスターは6日、欧州CLグループリーグ第4節でリバプールをホームに迎え、2-0で勝利。2017年から今年7月まで横浜FMに在籍したデゲネクはセンターバックで先発フル出場し、チームメイトとともにリバプールの強力攻撃陣を抑え切った。

 オーストラリア代表DFは前回対戦で4-0の大勝を収めていたリバプールが、自分たちを過小評価していたと指摘している。

「僕たちはうまくプレーして、彼らを止めることができた。(ミラン・)パフコフは2つの美しいゴールを決めたけど、全ての選手が良かった。毎週このようなプレーをできたらいいね」

「リバプールは僕たちを過小評価していた。その結果、過ちの代償を払うことになったと思う」

 グループ最下位のレッドスターは、リバプール戦の金星で今大会初の勝ち点3を獲得。全4チームが2ポイント差にひしめく大混戦の中、28日の第5節でナポリ(イタリア)の本拠地に乗り込む。

●チャンピオンズリーグ(CL)18-19特集
●プレミアリーグ2018-19特集

TOP