beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

アーセナル、S・リスボンとスコアレスドロー…2戦残して決勝T進出が決定

このエントリーをはてなブックマークに追加

終盤に退場者が出たが…

[11.8 ELグループリーグ第4節 アーセナル 0-0 S・リスボン]

 アーセナル(イングランド)は8日、ヨーロッパリーグ(EL)グループリーグ第4節でスポルティング・リスボン(ポルトガル)をホームに迎え、0-0で引き分けた。

 10月25日に行われた前節アウェーでのS・リスボン戦を1-0で制し、3連勝を飾ったアーセナル。3日のプレミアリーグ第11節リバプール戦からDFロブ・ホールディングとMFヘンリク・ムヒタリアンを除く9人を入れ替え、FWダニー・ウェルベックやMFアーロン・ラムジー、DFソクラティス・パパスタソプロス、GKペトル・チェフらがスターティングメンバーに名を連ねた。

 序盤から押し込みながらもスコアを動かすことができないアーセナルは、前半19分にPA右深くからMFマテオ・グエンドゥジが折り返すと、GKレナン・リベイロが弾いたボールがゴール方向に転がる。ウナイ・エメリ監督もガッツポーズを見せたが、DFセバスティアン・コアテスにクリアされて先制点とはならなかった。

 前半25分にアーセナルにアクシデント発生。ヘディングシュートを放ったウェルベックが右足を負傷してピッチに倒れ込み、担架に運ばれてピッチを後にした。代わってFWピエール・エメリク・オーバメヤンが入ったが、スコアレスのままハーフタイムを迎えた。

 後半もアーセナルペースで試合が進む。14分、FWアレックス・イウォビのパスをPA右で受けたオーバメヤンが右足を振り抜くが、外側のサイドネット。直後にDFカール・ジェンキンソンに代えてDFセアド・コラシナツを投入するが、29分にDFステファン・リヒトシュタイナーが右腿裏あたりを痛め、最後の交代カードでMFエインズリー・メイトランド・ナイルズを入れた。

 後半42分、S・リスボンのバックパスがズレたところをオーバメヤンが見逃さず裏を取ると、DFジェレミー・マテューに後方からスライディングで倒されて、PA手前でFKを獲得。マテューは一発退場となった。このFKをオーバメヤン自ら蹴り込んだが、枠を捉えきれずにスコアレスドローに終わった。

 勝ち点10としたアーセナルは、残り2試合で3位ボルスクラ・ポルタバ(ウクライナ)との勝ち点差を7とし、決勝トーナメント進出を決めた。

●プレミアリーグ2018-19特集
●ヨーロッパリーグ(EL)18-19特集

TOP