beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

今季リーグ戦初先発の岡崎慎司は及第点…バーディ投入後のプレーを地元メディアが評価

このエントリーをはてなブックマークに追加

岡崎慎司は及第点

 今シーズンのリーグ戦で初の先発出場を果たしたレスター・シティのFW岡崎慎司に地元メディア『レスター・マーキュリー』がまずまずの評価を下した。

 24日に行われたプレミアリーグ第13節でレスターは敵地でブライトンと対戦。この試合に先発で出場した岡崎は、ゴールにこそ絡めなかったものの70分にFWケレチ・イヘアナチョと交代するまで精力的にプレーした。なお、試合は1-1のドローで終わっている。

 試合後、『レスター・マーキュリー』は選手の採点を発表。リーグ戦13試合目にして初めてスターティングラインナップに名を連ねた岡崎に対して「6」と及第点を与える。同選手について「9番としての働きは限られていたが、(ジェイミー)バーディが入ってからは昔の姿を取り戻した」と55分にエースが投入されてからの15分間のプレーを評価した。

 その他、MFマーク・オルブライトンやDFベン・チルウェルらは「7」と高評価。一方で、前半のうちに2枚の警告を受けて退場を命じられたMFジェームズ・マディソンには最低点となる「3」を与えて「わずか3分で2枚のイエローカードを受けた。学習すべきだ」と酷評した。

●海外組ガイド
●プレミアリーグ2018-19特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP