beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

大宮、33歳GK加藤と契約更新せず「心残りなのは…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

加藤順大は契約満了で退団

 大宮アルディージャは28日、契約期間満了に伴い、GK加藤順大(33)と来シーズンの契約を更新しないことを発表した。

 浦和ユース育ちの加藤は、2003年にトップチームに昇格。2015年に大宮に移籍し、在籍4シーズンで84試合に出場したが、今シーズンの出場はなかった。クラブを通じて加藤は以下のようにコメントしている。

「お世話になった方々に、ご報告しきる前の発表となってしまい、誠に申し訳ございません。自分としては、何もできないままチームを去ることになり、非常に残念です。僕自身、まだまだプロサッカー選手としてプレーしていきたいですし、次のチームでも仲間を盛り上げ、また輝けるように頑張りたいと思います。

 大宮アルディージャを愛する全ての人が、本当に一つになってJ1復帰へ向かっていかなければ、目標はかなえられないと思います。ファン・サポーターの皆さんには、もっともっと大きな声で応援してほしいですし、残った選手は、その思いを背負って戦ってほしいです。もっと一体感が出せるクラブだと思います。

 心残りなのは、大好きな自分のチャントが聞けなくなってしまうこと。もう一度、スタジアムで聞きたかったのが素直な気持ちです。大宮アルディージャを応援してくれているファン・サポーターが大好きです。大宮アルディージャに加入し、たくさんの大好きな方々に出会えたことが僕の財産です!! 4年間、本当にありがとうございました」

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●2019年Jリーグ移籍情報

TOP