beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

“本田旋風”はまだ続く!PKで5点目ゲット!!メルボルンVは6連勝で暫定首位に浮上

このエントリーをはてなブックマークに追加

本田が今季5点目を決めた

[12.14 Aリーグ第8節 ブリスベン・ロアー2-4メルボルン・ビクトリー]

 MF本田圭佑の所属するメルボルン・ビクトリーは14日、敵地でブリスベン・ロアーと対戦し、4-2で勝利した。フル出場の本田は前半40分にPKで今季5点目を決めた。

 ゴールに絡むことがもう当たり前になっている。2-1と1点をリードして迎えた前半40分、相手のハンドによってPKを獲得すると、本田はボールをセット。冷静にGKを倒して左隅に流し込み、リードを広げるゴールを奪った。

 今季よりオーストラリアに活躍の場を移した本田は、10月20日の開幕戦でゴールを奪うなど絶好調。前節のアデレード戦で“珍しく”、ゴールに絡むことがなかったが、それでもここまで8試合で5ゴール3アシストと大爆発。チームの大黒柱であることは疑いようがない。

 開幕連敗だったチームも本田に引っ張られるかのように、第3節からは連勝街道。この日も4-2で逃げ切り、6連勝で勝ち点は18。16日に試合を控える同17のパース・グローリーをかわして暫定首位に立った。オーストラリアで起こる“本田旋風”は、まだまだ収まりそうにない。

●海外組ガイド

TOP