beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

2018年のJリーグベストイレブンが決定!! J1連覇の川崎Fから歴代最多タイ7人

このエントリーをはてなブックマークに追加

川崎フロンターレから歴代最多タイの7人が選出

 Jリーグは18日、横浜市の横浜アリーナで『2018 Jリーグアウォーズ』を開催し、2018シーズンのベストイレブンを発表した。J1リーグ連覇を成し遂げた川崎フロンターレから7人が選出。1994年のヴェルディ川崎(現・東京V)、2002年のジュビロ磐田に並び、歴代最多タイの記録を達成した。

 最大選出の川崎FからはGKチョン・ソンリョン、DFエウシーニョ、DF車屋紳太郎、DF谷口彰悟、MF家長昭博、MF大島僚太、MF中村憲剛の7人が栄誉。38歳の中村は自身が持っていた最年長記録を更新した。チョン、谷口、家長、大島の4人は初受賞となった。

 その他、鹿島アントラーズのDF西大伍は昨季に続いて2年連続の受賞。北海道コンサドーレ札幌MFチャナティップ、J1得点王の名古屋グランパスFWジョーガンバ大阪FWファン・ウィジョは初のベストイレブン入りを果たした。

 ベストイレブンの候補となる「優秀選手賞」の30人は、J1の18クラブの監督および選手(17試合以上出場が資格条件)の投票結果をもとに、各ポジションの投票数の上位選手からチェアマンが選出。ベストイレブンは「優秀選手賞」の中から選考委員会が決定する。

 授賞式にはチョン、車屋、谷口、チャナティップ、家長、大島、中村の7人が出席。クラブW杯に参戦中の西をはじめ、エウシーニョ、ジョー、ファン・ウィジョは欠席となった。なお、J1リーグ2位の広島からは選出されなかった。

< ベストイレブン >(数字は受賞回数)
GKチョン・ソンリョン(川崎F)初
DF西大伍(鹿島)2
DFエウシーニョ(川崎F)2
DF車屋紳太郎(川崎F)2
DF谷口彰悟(川崎F)初
MFチャナティップ(札幌)初
MF家長昭博(川崎F)初
MF大島僚太(川崎F)初
MF中村憲剛(川崎F)8
FWジョー(名古屋)初
FWファン・ウィジョ(G大阪)初
※谷口はMFとしてポジション登録されているが、今シーズンはDFとして試合エントリーされていたため、DFとして選出

(取材・文 竹内達也)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

TOP