beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

原口、3戦連続フル出場も…ドローのハノーファーは5戦未勝利

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハノーファーMF原口元気

[12.19 ブンデスリーガ第16節 フライブルク1-1ハノーファー]

 ブンデスリーガ第16節が19日に開催され、MF原口元気とFW浅野拓磨が所属するハノーファーフライブルクのホームに乗り込み、1-1で引き分けた。原口は3試合連続フル出場を果たし、浅野は負傷のためにベンチ外となっている。

 試合開始早々の前半2分、DFバルデマー・アントンがPA内でハンドを犯してフライブルクにPKを献上し、FWルカ・バルトシュミットに決められて先制を許したハノーファーだが、同15分にCKからDFフェリペが左足ボレーでネットを揺らして試合を振り出しに戻した。さらに同23分にはドリブルで運んだ原口のスルーパスから抜け出したFWボビー・ウッドが左足シュートを放つも、枠を捉え切れずに勝ち越しの好機を逃した。

 1-1のまま後半を迎えると、同17分にハノーファーがカウンターから好機を生み出す。自陣から相手PA内までボールを運んだMFフロレント・ムスリヤのヒールパスを受けた原口がワンフェイントから右足を振り抜くが、シュートは大きく枠を外れてしまった。

 その後も両チームともに勝ち越しゴールを狙ったものの、スコアは動かずに1-1のまま試合終了のホイッスルが吹かれた。敵地で勝ち点1を獲得したハノーファーだが5戦未勝利(2分3敗)となっている。

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2018-19特集

TOP