beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

矢島慎也が仙台への期限付き移籍からG大阪復帰「悔しい経験があるので…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

半年間、仙台でプレーした矢島慎也

 ガンバ大阪は23日、ベガルタ仙台へ期限付き移籍していたMF矢島慎也(24)が2019シーズンより復帰することを発表した。

 浦和ユース育ちの矢島は、今季G大阪に加入。しかし、出場機会に恵まれず、6月に仙台に期限付き移籍していた。仙台ではリーグ戦5試合、天皇杯で3試合1得点を記録した。

 G大阪の公式サイトを通じて「またガンバ大阪でプレーすることを決めました。シーズン終盤の好調だったチームの中で自分も勝利に貢献出来るように、また頑張ります。ガンバでは悔しい経験があるので次はサポーターの皆さんと喜べるように努力します」と語り、来シーズンへ意気込んだ。

 また、半年在籍した仙台を通じて「ガンバ大阪に復帰することを決めました。半年という短い期間の中、加入早々にチーム、サポーターのみなさんに迷惑をかけてしまいました。その間、自分の復帰を待っていてくれたみなさんにはとても助けられました。優勝することはできませんでしたが、天皇杯の準決勝、決勝で感じた一体感はベガルタ仙台にしか、作り出せない雰囲気で感動しました。ベガルタ仙台の一員としてプレーできてよかったです。ありがとうございました」と感謝の言葉を述べた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●2019年Jリーグ移籍情報

TOP