beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

長崎FW鈴木武蔵が札幌に完全移籍「自分勝手で本当に申し訳ありません」

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW鈴木武蔵が札幌に完全移籍

 北海道コンサドーレ札幌は28日、V・ファーレン長崎からFW鈴木武蔵(24)が完全移籍で加入することを発表した。

 鈴木は2018年に新潟から長崎に移籍。今シーズンは29試合11得点とチームの主力を担ったが、J2に降格。今季リーグ戦4位と躍進した札幌への加入が決定し、鈴木個人はJ1に残留する。札幌を通じてコメントを発表し、「素晴らしいクラブ、そして監督、選手、スタッフ、サポーターと共に1つでも多くの勝利を分かち合い、共に成長していきたいです。どうかよろしくお願いします」と意気込み。また、長崎を通じて以下のコメントを発表した。

「長崎の皆さん1年間という短い時間でしたが、本当にありがとうございました。社長をはじめ、監督、スタッフ、選手、サポーターの皆さんに、心から感謝しています。ありがとうございました。長崎に来て僕のサッカー人生は大きく変わりました。選手として人として未熟な僕を受け入れてくれて、共に成長できたことを決して忘れません。毎日なごみに足を運んでくださったこと、降格が決まってもアウェイの試合に僕達の応援に来てくださったこと、試合が終われば選手を称えてくださったことは特に胸に刺さりました。

 今回、ひとりのサッカー選手として更なる成長を遂げたいと考え、決断しました。自分勝手で本当に申し訳ありません。長崎での1年間をこれからも心に刻んでサッカー人生を歩んで行きたいと思います。本当にありがとうございました」

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●2019年Jリーグ移籍情報

TOP