beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

関川郁万が豪快ヘディングV弾!! 「とにかく負けない」流経大柏、星稜封じて2大会連続8強へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

決勝ヘッドを決めた流通経済大柏高DF関川郁万(3年、写真左から2番目)(写真協力『高校サッカー年鑑』)

[1.3 選手権3回戦 星稜高0-1流通経済大柏高 フクアリ]

 第97回全国高校サッカー選手権は3日、3回戦を行い、フクダ電子アリーナの第1試合は星稜高(石川)と流通経済大柏高(千葉)が対戦した。DF関川郁万(3年/鹿島内定)の先制ゴールを守り切った流経大柏が1-0で勝利し、準優勝を果たした昨季に続くベスト8進出。5日の準々決勝では秋田商高(秋田)と戦う。

「今日は失点がなかったということ、そして何とか勝ち切ったということだけ」。勝利した流経大柏の本田裕一郎監督だったが、その表情は固かった。「ポゼッションよりスピードが優先。ミスはオーケー」というトーナメント式のゲームプランを遂行したが、その内容には満足できなかった。

 立ち上がりは互いにロングボールを蹴り合う展開。しかし、流経大柏がすぐさま試合を動かした。前半5分、激しいプレスとハイボール攻勢で敵陣深くに攻め入り、右からのCKを獲得。これをMF芹田悠真(3年)が鋭く蹴り込むと、中央で関川がフリーとなり、ジャンピングヘッドを豪快に叩き込んだ。

「一番注意しろと子供たちにも言っていたけど、エアスポット的になってしまって飛べなかった。信頼していた選手がマークについていたが…」と悔しそうに振り返ったのは星稜の河崎護監督。だが、まだ残りは75分間。「あれで決まるとは思わなかった」と同点を目指して攻めに出る。

 だが、勢いを止めない流経大柏はFW熊澤和希(3年)のロングスローで星稜守備陣に圧力をかけ、一方的に主導権を握ると、前半13分、熊澤がフリックしたボールをFW左部開斗(3年)のヘッドはわずかに枠外。同15分には関川のボール奪取から熊澤がクロスを送り、再び左部が狙ったが、これも右へと外れた。

 流経大柏のプレッシングに苦しむ星稜だったが、裏へのボールを有効に使い、セカンドボールを拾うことで徐々にペースを取り戻す。前半22分すぎには、CKのトリックプレーを3回続けて披露。しかし、MF有馬大勢(3年)、FW岩岸宗志(3年)の2人が立て続けに決定機を迎えたが、相手守備陣に耐えしのがれた。

「セットプレーは何を出そうかというくらい、形はいっぱいある。流経さんも『何でもやってこい』という感じだったので、1回戦のやつも使ってみたが…」(河崎監督)。武器としていたプレースキックでチャンスを潰してしまうと、前半終盤には「あれが痛かった」というアクシデントが星稜を襲う。

 前半38分、自陣深くでボールをキープする関川に激しくプレスをかけた岩岸がターンでさらりとかわされると、その勢いで芝生に足を取られ、転倒して肩と足首を負傷。そのまま担架で運び出され、キャプテンマークは有馬の腕に渡った。ハーフタイム明けには、代わりにMF川本虎太郎(1年)が投入された。

 後半5分、流経大柏は芹田の左CKを関川が頭で合わせたが、今度は星稜GK林海渡(3年)がしっかりキャッチ。同10分には、MF中井颯人(3年)に代わってロングスローのあるMF木村聖(2年)が入った。その後はゴール前の局面がない時間帯が続いたが、同19分、左部のカットインシュートが左ポストに直撃した。

 一方的に主導権を握る流経大柏戦は後半22分、MF八木滉史(2年)の右CKに左部が頭で合わせたが大きく枠外。すると同26分、星稜にビッグチャンスが訪れる。敵陣で前を向いたFW西部悠大(3年)が有馬とのワンツーでPA内にしかけると、GK松原颯汰(1年)との1対1。だが、左足シュートは左に外れた。

 星稜は後半32分、3枚目の交代カードで190cmの長身FW土橋柊斗(2年)を投入し、最後の攻勢に期待をかける。だが、同36分には相手CKのカウンターから西部が単独突破で攻め込むも、ループシュートは大きく左外。最後はDF湯澤拓士(3年)のロングスローで攻め込んだが、そのままタイムアップを迎えた。

 流経大柏は「ミスを怖がらず、スピードを優先する」という低リスクの試合運びを徹底しての勝利。本田監督は「リーグ戦では負けても、修正してもう一回チャレンジできるけど、トーナメントは負けたら終わり。失点ゼロにするため、素早く攻撃するのがモデルでもある」とその理由を語った。

 そのため、この先も目の前の試合を大事に戦っていく構えだ。71歳の経験豊かな指揮官は「もう1試合1試合。その先までは見ていないし、チーム全体では日本一という目標はあるが、それはあくまでも目標。とにかく負けない、負けない、負けないで、その結果日本一を取れれば」と力強く述べた。

(取材・文 竹内達也)

●【特設】高校選手権2018

TOP