beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「頼りない3年生だったと思う」…帝京長岡DF小泉善人が下級生に届けた「ありがとう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

帝京長岡高(新潟)DF小泉善人(3年)

[1.5 全国高校選手権準々決勝 尚志1-0帝京長岡 等々力]

 “幸せな時間”が終わりを迎えた。尚志高に0-1で敗れて大会から姿を消すことになった帝京長岡高(新潟)DF小泉善人(3年)は、改めて思ったという。「帝京長岡に来て良かった」と――。

 悔いが残るプレーとなった。前半22分、前方にボールを蹴り出そうとした小泉だったが、「足にボールがついていないと開始から感じていた。きっちりやるべきところだった」とキックミスしてしまうと、DF小泉善人(3年)に奪われたボールから最後はFW染野唯月(2年)にネットを揺らされてしまう。特に後半に入って猛反撃を見せた帝京長岡だったが、最後まで同点ゴールは生まれず。0-1のまま試合終了のホイッスルが吹かれた。

 小泉の高校サッカーは尚志戦がラストとなったが、ともに戦った下級生には来年がある。「今年は2年生が主体のチーム」と表現したように、同試合で先発出場した2年生は6人。ピッチ上で躍動する後輩たちの姿を最終ラインから見つめていた小泉は、「頼りがいのあるメンバーだった」と感じていた。試合後には「頼りない3年生だったと思う。心からありがとうという言葉を伝えた」とともに戦った下級生に感謝を示しつつ、「来年もやってくれると思う」と新チームへの期待を寄せた。

「この大会の期間は3年間の中で一番幸せな時間を過ごせた。最後、自分のミスでふがいない結果になってしまったけど、最後まで仲間と戦えたことは嬉しかったし、帝京長岡というチームでサッカーできたことは満足しているし、ここに来て良かったと心の底から思っている」

 “幸せな時間”、そして高校サッカーを終えた男は、新たな道へと歩き出す。

(取材・文 折戸岳彦)
●【特設】高校選手権2018

TOP