beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

追加招集の乾、塩谷ら合流…森保Jが23人で初練習

このエントリーをはてなブックマークに追加

練習前の円陣で挨拶するMF乾貴士

 9日のアジアカップグループリーグ初戦でトルクメニスタン代表と対戦する日本代表は6日、UAEのアブダビ市内で練習を行った。追加招集のMF乾貴士(ベティス)、DF塩谷司(アルアイン)がこの日の練習から合流。全23選手が初めてそろって練習した。

 練習前の円陣では乾、塩谷がチームメイトの前で挨拶。乾が挨拶すると、拍手とともに笑い声も聞こえた。

 3日夜から深夜にかけて欧州からUAE入りし、5日まで休養が与えられていたDF吉田麻也(サウサンプトン)、FW武藤嘉紀(ニューカッスル)もこの日から練習に合流。発熱で合流が遅れていたMF遠藤航(シントトロイデン)も5日にUAE入りし、この日からグラウンドに姿を見せた。

 右臀部の打撲で別メニュー調整が続いていたFW大迫勇也(ブレーメン)も報道陣に公開された冒頭部分は全体練習に加わっていた。

(取材・文 西山紘平)

●アジアカップ2019特設ページ

TOP