beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ドルトムントがアザール獲得に向けて交渉開始?プリシッチの後釜か

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドルトムントがトルガン・アザール獲得に興味

 ドルトムントボルシアMGに所属するベルギー代表MFトルガン・アザール(25)の獲得に向けて交渉を開始したようだ。

 英『デイリー・メール』によると、ドルトムントはチェルシーへの移籍が決まり、シーズン終了まで期限付き移籍という形で残留しているアメリカ代表MFクリスティアン・プリシッチ(20)の後任を探している模様。そこで白羽の矢が立ったのが、3800万ポンド(約52億5000万円)と評価されているT・アザールだという。

 チェルシーで活躍するMFエデン・アザール(27)の実弟として知られるT・アザールは、スピードに乗った華麗なドリブルで敵陣を切り裂くプレースタイル。欧州のトップクラブも獲得に興味を示しているが、「今はボルシアMGで集中したい」とシーズン終了まで全力を注ぐことを約束。今冬の移籍を否定している。

 ボルシアMGとT・アザールとの契約は来シーズン終了まで。クラブとしては、フリーで退団する前に現金化することを検討しているようだ。「僕には兄ほどの才能はない」と謙遜するT・アザール。兄のようにビッグクラブで活躍する日は近いかもしれない。

●ブンデスリーガ2018-19特集

TOP