beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

バルサ、ウィリアン獲得へマウコム+金銭提示も…チェルシーは放出を断固拒否

このエントリーをはてなブックマークに追加

バルセロナが獲得を狙うウィリアン

 チェルシーバルセロナが提示したMFウィリアンとFWマウコムのトレードのオファーを拒否したようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』や『テレグラフ』などが報じている。

 昨夏からバルセロナはウィリアン獲得に向けて複数回にわたりオファーを提示。最終的に5500万~6500万ポンド(当時約80億~95億円)もの金額で打診したと報じられたが、チェルシーは断固としてこのオファーを拒絶した。この補強が失敗に終わり、スペインのクラブはボルドーからマウコムを4100万ユーロ(当時約53億円)で獲得し、チェルシーFWの代案と考えられていた。

 しかし、新戦力のマウコムがインパクトを残せない中、バルセロナは今冬の移籍市場でウィリアン獲得に再び関心を寄せる。同メディアが報じたところによると、バルセロナはブラジル代表FWの獲得に向けて、マウコムの譲渡+金銭のオファーを送った模様。しかし、チェルシーは興味を示さず、このオファーを一蹴した。

 昨夏に30歳の誕生日を迎え、チェルシーとの契約期間は18か月を切ったものの、同クラブはウィリアンの価値が提示条件よりも遥かに高額で、またマウリツィオ・サッリ監督率いるチームにとっても欠かせない戦力であると考えているようだ。

 昨夏から引き続き、ウィリアンへの興味を示すバルセロナだが、この移籍市場でも諦めることなくオファーを送り続けるのだろうか。

●プレミアリーグ2018-19特集
●リーガ・エスパニョーラ2018-19特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP