beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

サラー2発のリバプール、パレスとの白熱シーソーゲームを制して勝ち点60到達

このエントリーをはてなブックマークに追加

2ゴールを挙げたモハメド・サラー

[1.19 プレミアリーグ第23節 リバプール4-3クリスタル・パレス]

 リバプールは19日、プレミアリーグ第23節で本拠地アンフィールドにクリスタル・パレスを迎え、4-3で勝利した。

 前節ブライトンに1-0で勝ち、マンチェスター・シティ戦(1-2)につづく連敗は免れたリバプール。先発は3人を入れ替え、DFジョエル・マティプが鎖骨骨折から復帰を果たし、MFジェームス・ミルナーが右サイドバック、MFナビ・ケイタが2列目の左サイドに入った。

 先手を取ったのはクリスタル・パレスだった。前半34分、左サイドを縦に仕掛けたMFウィルフレッド・ザハがマイナスへ折り返したボールをMFアンドロス・タウンセンドが左足で合わせ、首位チームから先制点を奪った。

 1点ビハインドで後半を迎えたリバプールは開始早々の1分、DFフィルヒル・ファン・ダイクのミドルシュートが相手に当たってPA内上空に舞い上がったボールをFWモハメド・サラーが左足で押し込んで1-1。試合を振り出しに戻すと、8分にはPA左でケイタのパスを受けたFWロベルト・フィルミーノが中央に切れ込んで右足シュートを決め、2-1と逆転に成功した。

 クリスタル・パレスは後半20分、左CKからMFルカ・ミリボイェビッチがゴール前に蹴り込んだボールをDFジェームズ・トムキンスが頭で合わせて2-2。しかし、同点に追いつかれたリバプールは30分、MFファビーニョのロングパスをPA右からミルナーがダイレクトで折り返し、GKフリアン・スペローニが弾いたボールをサラーが押し込み、3-2とした。

 後半44分に2枚目のイエローカードでミルナーが退場となったリバプールはアディショナルタイム3分、左サイドからドリブルで切れ込んだMFサディオ・マネが右足でゴール右隅へ流し込み、4-2。アディショナルタイム5分にはMFマックス・マイヤーに1点を返されたが、逃げ切ったリバプールが4-3で接戦をモノにし、勝ち点を60に伸ばした。

●プレミアリーグ2018-19特集

TOP