beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

C・ロナウドが再会望むハメス、父親も後押し「ユベントス行きは良い決断だろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハメス・ロドリゲスの父親もユベントス移籍を望んでいるようだ

 コロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)の父親が、息子のユベントス移籍を後押ししている。伊『フットボール・イタリア』が伝えた。

 2014年7月からレアル・マドリーでプレーしているハメスは、2017年7月に出場機会を求めてバイエルンに期限付き移籍。契約は買い取りオプション付きの2年間となっているが、昨季はブンデスリーガで23試合(うち19試合先発)7得点を記録したものの、今季は11試合3得点で先発は6試合にとどまり、レアル復帰が噂されている。

 そんな中、スペイン『マルカ』が今夏にレアルを去る可能性があると報道。アーセナルトッテナムなどが関心を示しているが、レアルでチームメイトだったポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(34)が再会を熱望しており、ハメスにユベントスへの移籍を勧めているという。

 ハメスの父親もイタリア行きに賛成のようだ。ドイツ『ビルト』に対して「彼はたくさんのオファーを受けている。ユベントス?彼はC・ロナウドと非常に親しい関係だ。イタリアサッカーを見れば、ユベントスへ移籍することは、彼にとって良い決断になるだろう」と主張している。

●セリエA2018-19特集
●ブンデスリーガ2018-19特集
●リーガ・エスパニョーラ2018-19特集
●注目試合をチェック!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

TOP