beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

雪予報だったPSM、新戦力ファンマ2アシストのJ2大宮がJ1松本に2発完勝

このエントリーをはてなブックマークに追加
[2.9 PSM 大宮2-0松本 NACK]

 2019Jリーグプレシーズンマッチが9日、NACK5スタジアムで行われた。関東降雪の影響で開催可否が検討されたが、朝7時に試合開催が決定。J2大宮アルディージャがJ1松本山雅FCを2-0で下した。

 高木琢也新監督を迎えた大宮は新加入のFWファンマ(←長崎)、MF石川俊輝(←湘南)が先発。フォーメーションは3-4-3を採用し、GK笠原昂史、3バックは右からDF畑尾大翔、DF菊地光将、DF河面旺成。右アウトサイドはDF渡部大輔、左アウトはDF中村太亮、ボランチはMF大山啓輔と石川。前線は右シャドーにMF嶋田慎太郎、左シャドーにFW大前元紀、ファンマが1トップに入った。

 就任8年目となる反町康治監督のもと、4年ぶりのJ1に挑む松本はMF町田也真人(←千葉)、FWレアンドロ・ペレイラ(←シャペコエンセ)、DF高橋諒(←湘南)、DF服部康平(←栃木)と4人の新戦力が先発。フォーメーションは3-4-3でGK守田達弥、3バックは右からDF今井智基、服部、DF橋内優也、右アウトサイドはMF岩上祐三、左アウトは高橋、ボランチはMFパウリーニョとMF藤田息吹。前線は右シャドーにFW前田大然、左シャドーに町田、1トップはL・ペレイラが務めた。

 序盤は松本が押し込み、前半10分、藤田がPA手前からミドルシュートを狙ったが、これは畑尾がブロック。前半15分には前田が快速を飛ばしてエリア内に進入し、PA内左角度のない位置からシュートを放ったが、GK笠原が触ってゴール右へ。すると、松本の攻撃を跳ね返した大宮が先手を取った。

 前半27分、中村のフィードでDFラインの裏に抜け出したファンマが左サイドを駆け上がり、クロスを供給。飛び込んだ石川が右足で押し込み、先制点。新戦力のホットラインでゴールをこじ開けた。

 松本は0-1で折り返した後半に反撃に出ると、FKからL・ペレイラがシュートを打つ形を2度つくったが、いずれもオフサイドの判定。松本は後半15分、町田に代えてMFセルジーニョ、後半23分にパウリーニョに代えてMF米原秀亮(←熊本)を投入。大宮も交代カードを切り、後半26分、嶋田を下げてMF奥抜侃志を投入し、流れを引き寄せる。

 大宮はカウンターから大前がフィニッシュに持ち込む場面をつくり、再びワンチャンスを仕留めた。後半37分、ゴールキックをファンマが頭で落とすと、抜け出した奥抜が右足でダメ押しゴール。J1チームを相手に大宮が2-0で完封勝利を飾り、J開幕へ弾みをつけた。

(取材・文 佐藤亜希子)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP