beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「メッシ、スアレス、コウチーニョ。バルサは格別」リヨン若手FWが19日の大一番に向けて気合い

このエントリーをはてなブックマークに追加

 リヨンのFWマクスウェル・コルネは、19日のバルセロナ戦に向けて意気込みを語った。

 今シーズンのチャンピオンズリーグで、優勝候補の一角とされるマンチェスター・シティ相手に敵地で勝ち点3を得るなど快進撃を続けるリヨン。グループFを2位で通過した同クラブは、19日にホームで行われるチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグでバルセロナと対戦する。この試合を前に、マンチェスター・Cとの2試合で3ゴールを挙げてヒーローとなった22歳のコルネは『Goal』のインタビューで対戦相手について話した。

「バルサは…、彼らは別格だ。(リオネル)メッシ、(ルイス)スアレス、それに(フィリペ)コウチーニョがいる。僕たちはD-デイへ向けてしっかりと準備をしなければならない」

 また、バルセロナを止める方法について問われたコルネは「メッシをブロックする!」と冗談交じりに言及し、以下に続けた。「僕たちは良いプレーをする必要がある。まずはディフェンスでのことに多くの時間を割くことになるだろう。そして、試合中は集中力を維持して、来るであろう少ないチャンスを物にすることだ。このような試合ではチャンスを無駄にできないから、僕ら攻撃陣がどれだけ前線で効率良くプレーできるかにかかっている」

 しかし、バルセロナとの大一番にはキャプテンのナビル・フェキルが累積警告により出場停止。リヨンにとって大きな痛手になると語ったコルネだが、守護神のアントニー・ロペスや中盤を中心にチームは踏ん張ることができると強調した。

「アントニーはヨーロッパの中でベストゴールキーパーの1人だ。経験もあり、チームには欠かせない存在だ。ウサン(アウアル)は技術と才能のある選手で、彼とタンギ(エンドンベレ)が中盤にいれば、試合は簡単になる。ここがこの試合のカギになると思う。僕たちにだって選手が揃っているから、100%フォーカスして火曜日の試合を戦いたい」

●チャンピオンズリーグ(CL)18-19特集
●世界最高峰の戦いを見逃すな!!“初月無料”DAZNでライブ配信中
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP