beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

鎌田が先制弾演出! シントトロイデンは森岡フル出場のシャルルロワに快勝

このエントリーをはてなブックマークに追加

先発出場したMF鎌田大地とDF冨安健洋

[2.24 ベルギー・リーグ第27節 シントトロイデン3-1シャルルロワ]

 ベルギー・リーグ第27節が24日に行われ、5位シントトロイデンはホームでMF森岡亮太所属の8位シャルルロワと対戦し、3-1で勝利した。DF冨安健洋は3試合連続で先発フル出場し、18試合連続スタメンのMF鎌田大地は後半31分までプレー。ベンチ入りしたMF関根貴大とFW木下康介は出番なしとなった。また、シャルルロワ加入4戦目となった森岡は初のフル出場を果たしている。

 シントトロイデンは前半4分、鎌田のパスを受けたFWヨアン・ボリが左サイドから個人技でPA内中央へ持ち込み、右足のシュートを突き刺して先制する。同31分にはPA内右から再びボリが右足で蹴り込み、リードを2点に広げた。

 シャルルロワは前半37分にFWビクター・オシムヘンが左クロスを押し込み、1点を返す。同42分には味方のシュートのこぼれ球に森岡が詰めるも、GKへのファウルを取られた。

 2-1で前半を折り返したシントトロイデンは後半24分にダメ押し弾を奪取。FWジョルダン・ボタカが右サイドからクロスを送ると、ファーのボリがヘディングを決め、ハットトリックを達成した。

 シントトロイデンは3-1で相手を振り切り、5戦負けなし(4勝1分)でプレーオフ行きへ前進。シャルルロワは3試合ぶりの黒星となった。

●海外組ガイド
●ベルギー・リーグ2018-19特集

TOP