beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

阪野2発で山形が初白星! 横浜FCは奇策“リベロ松井”機能せず連敗

このエントリーをはてなブックマークに追加

リベロで起用された横浜FCのMF松井大輔

[3.2 J2第2節 横浜FC0-2山形 ニッパツ]

 J2リーグは3日、第2節を各地で行い、ホーム開幕戦の横浜FCモンテディオ山形に0-2で敗れた。MF松井大輔をリベロで起用するという奇策は実らず、手痛い開幕2連敗。FW阪野豊史が2ゴールを決めた山形は今季初白星を飾った。

 ホームの横浜FCは開幕節の長崎戦(●0-1)から先発2人を変更。前節退場で出場停止のDF田代真一に代わって松井を3バックの中央で起用し、FWイバに代わってFW戸島章を入れた。

 対する山形は前節岐阜戦(●0-2)から3人を入れ替え、新加入のMFホドルフォ(←メトロポリターノ)が先発デビュー。FW坂元達裕、MF中村駿もスタメンに名を連ねた。[スタメン&布陣はコチラ]

 立ち上がりからロングボールを多用して攻める山形に対し、横浜FCは松井が果敢なアプローチを見せるなど落ち着いた対応で防ぐ。それでも前半24分、山形は阪野が敵陣左寄りでFKを獲得すると、これをMF三鬼海がゴール前へ配給。DF藤井悠太のヘディングクリアが阪野に当たり、跳ね返ったボールがネットを揺らした。

 反撃に出たい横浜FCは前半34分、両サイドを幅広く使った攻撃からMF佐藤謙介がミドルシュートを狙うと、ブロックを試みたMF本田拓也のファウルを誘い、ゴール正面の位置でFKを獲得。これをMF中里崇宏のキックは壁に当たり、こぼれ球に佐藤が詰めるも、素早く寄せたGK櫛引政敏に防がれた。

 山形は徐々に阪野が松井との駆け引きを制し、敵陣バイタルエリアで時間を作れる場面が増えてくる。すると前半45分、厚みのある攻撃からボールがMF井出遥也に渡り、左サイドからのカットインシュートで横浜FCゴールを強襲。ところが直前に肩を痛めた仕草を見せていたGK南雄太が華麗な横っ飛びで阻み、最少失点でハーフタイムを迎えた。

 横浜FCは後半早々に動いた。戸島、DF北爪健吾を下げてイバと17歳のFW斉藤光毅を投入。システムを4-3-1-2に変更し、リベロの松井は右サイドバックに移った。すると後半6分、松井のロングフィードに瀬沼が抜け出し、CKを獲得。中里のキックは相手にクリアされたが、こぼれ球から再び松井が前方に送り、イバのシュートを導いた。

 劣勢の山形は後半9分、中村がふんわりとした浮き球パスをPA内に送り、巧みに胸で収めた坂本がアクロバティックなボレーシュートを放つもGK正面。同11分にはホドルフォに代わってDF山田拓巳を投入した。すると同12分、松井を振り切った山田のクロスに坂元が飛び込んだが、今度はうまくミートせずに枠を外れた。

 それでも後半18分、山形はMFレアンドロ・ドミンゲスのラフなファウルで獲得したFKを、三鬼が精度の高いキックでゴール前に配給。目測を誤った相手マークを外した阪野がフリーのヘディングを沈め、2点のリードを奪った。その後は互いにアフターでの接触が続発し、少々荒れた展開となった。

 横浜FCは後半23分、イバと斉藤が立て続けにシュートを放ったがいずれも櫛引が阻止。同34分、松井を下げてMF山本凌太郎を送り込み、トップ昇格3年目の20歳がプロデビューを迎えた。山本は中盤センターに入り、瀬沼が右サイドバックに回った。その後は互いに主導権を譲らずタイムアップ。2-0で山形が勝利した。

(取材・文 竹内達也)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●[J2]第2節2日目 スコア速報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP