beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

本田が絡んで先制もメルボルン逆転負け…次節は広島と“来日マッチ”

このエントリーをはてなブックマークに追加

本田はフル出場したが、チームは逆転負けした

[3.5 ACL第1節F組 メルボルン・V 1-3 大邱]

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の第1節で、F組を戦うMF本田圭佑所属のメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)は、ホームで大邱FC(韓国)に1-3で敗れた。

 前半29分に本田がドリブルで持ち込んで右サイドに展開。そしてFWコスタ・バルバルセスのクロスをFWオラ・トイボネンが決めて、メルボルンが先制に成功する。

 しかし2分後に同点弾を決められると、後半の2失点で逆転負け。本田はフル出場したが、自身初のACLは黒星発進となった。

 F組はサンフレッチェ広島と同組。12日の次節でメルボルンは広島で対戦を予定しており、本田の日本凱旋に注目が集まる。

 なお大邱にはルーテル学院高や専修大出身の日本人選手のMF西翼(28)が在籍しており、同選手は後半45分間プレーした。

●海外組ガイド
●ACL2019特設ページ

TOP