beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

新生・京都が2連勝!黒木V弾で福岡に競り勝ち開幕無敗をキープ

このエントリーをはてなブックマークに追加
[3.9 J2第3節 福岡0-1京都 博多陸]

 J2リーグは9日、第3節を行った。東平尾公園博多の森陸上競技場ではアビスパ福岡京都サンガF.C.が対戦。MF黒木恭平の先制点を守り抜いた京都が1-0で勝った。

 開幕から1分1敗と勝利がない福岡は、2日の長崎戦(0-0)から1人を変更。2試合連続フル出場の高卒ルーキー、DF三國ケネディエブスに代わってDF石原広教が先発に入った。一方、中田一三新監督のもと、今季無敗(1勝1分)の京都は鹿児島戦(2-1)から4人を変更。DF田中マルクス闘莉王とDF石櫃洋祐が初先発、DF本多勇喜とDF安藤淳は今季初出場となる。

 京都がやや優勢に試合を進めた。前半5分、MF重廣卓也のくさびのパスからPA内でつなぎ、最後はFW小屋松知哉が右足ボレー。枠を捉えたが、GKセランテスのファインセーブに阻まれる。福岡は11分、左サイドからDF輪湖直樹がクロスを上げ、相手のクリアボールにMF石津大介が反応。ダイレクトで右足を振り抜いたが、ミートできず枠を外れた。

 前半はともに決定打を欠き、スコアレスのまま終了。互いに交代なしで迎えた後半9分、福岡はセンターサークル付近から石津が中央を駆け上がり、マークが甘いと見るや、思い切りよく右足ミドルシュートを放つがゴール左に外れる。13分には、FW城後寿を下げてプロ2年目のFW木戸皓貴をピッチに送り込んだ。

 均衡した状況が続く中、京都が先制に成功する。後半26分、左サイドから中央へ運んだMF黒木恭平がFW宮吉拓実に預けてゴール前に上がると、宮吉のダイレクトパスで抜け出して左足で押し込み、1-0。直後に福岡はMFウォン・ドゥジェを下げてMF前川大河、33分にはMF田邉草民をFW森本貴幸に代え、交代カードを使い切った。

 MFジュニーニョとFWエスクデロ競飛王、MF仙頭啓矢を入れ、追加点を狙いつつ、前線からのプレスを強めた京都は、守備面では闘莉王を中心に福岡の攻撃をシャットアウト。1-0で逃げ切り、今季無敗(2勝1分)で2連勝を飾った。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●[J2]第3節1日目 スコア速報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP