beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

アジア杯から13人入れ替えの“サプライズ選考” 森保監督「ベースを広く強固に」

このエントリーをはてなブックマークに追加

アジアカップからは13人が入れ替わった

 日本代表森保一監督が14日、都内で記者会見を行い、22日のキリンチャレンジカップ・コロンビア戦(日産ス)、26日の同ボリビア戦(ノエスタ)に向けた日本代表メンバー23人を発表した。

 準優勝した1月のアジアカップからは実に13人が入れ替わった。アジアカップのメンバーからは負傷離脱中のDF長友佑都(ガラタサライ)、MF青山敏弘(広島)、MF遠藤航(シントトロイデン)のほか、GK権田修一(ポルティモネンセ)、DF槙野智章(浦和)、DF吉田麻也(サウサンプトン)、DF酒井宏樹(マルセイユ)、DF塩谷司(アルアイン)、MF原口元気(ハノーファー)、MF伊東純也(ゲンク)、FW大迫勇也(ブレーメン)、FW北川航也(清水)、FW武藤嘉紀(ニューカッスル)も招集を見送られた。

 また、ケガのためアジアカップ参加を辞退したFW浅野拓磨(ハノーファー)も選外。森保監督は「アジアカップで我々が経験したこと、培ってきたチーム力をさらに発展させられるように、チームとしてより強くしていけるように、また新たな選手を加えてベースアップを図り、これからの戦いでより結果を出せるメンバー編成を最終的にできるようにやっていきたい」と、その意図を説明した。

 キャプテンの吉田、不動の右サイドバックである酒井、エースの大迫という主力の招集も見送る大胆な選手選考となったが、「日本代表としてのベースをさらに広く、強固にしていけるように、これから臨む戦いの中で一部のコアな選手だけでしかチームが回らないということがないように、より多くの選手に厳しい戦いを経験してもらって、チームの戦い方、コンセプトを分かってもらうことによって、将来の戦いに生かしていければと思っている」と強調した。

(取材・文 西山紘平)

TOP