beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

小野田がJ1デビュー弾!湘南が逃げ切って今季2勝目!仙台は未勝利で3連敗に

このエントリーをはてなブックマークに追加

小野田将人がJ1初出場で初ゴールを決めた

[3.17 J1第4節 湘南2-1仙台 BMWス]

 J1リーグは17日、第4節を行った。Shonan BMWスタジアム平塚では湘南ベルマーレベガルタ仙台が対戦し、湘南が2-1で逃げ切った。

 リーグ戦2連敗中の湘南は、13日のルヴァン杯・横浜FM戦(2-0)からDF小野田将人とMF鈴木冬一、MF松田天馬を除く8人を変更。小野田はJ1デビュー、鈴木はリーグ戦初先発となった。一方、ルヴァン杯は2連勝もリーグ戦未勝利(1分2敗)の仙台は、13日のルヴァン杯・FC東京戦(2-1)からFW梁勇基とFW長沢駿を除く9人を入れ替え、日本代表GKシュミット・ダニエルやFW石原直樹らが先発した。

 互いに2連敗で迎えた一戦。前半10分に小野田がインターセプトから前に運んでシュート、25分には鈴木冬が左足で鋭いシュートを放つなど、湘南の新戦力が好パフォーマンスを披露する。すると、前半終了間際の43分だった。自陣でパスを受けた小野田がドリブルで駆け上がり、左サイドのFW山崎凌吾の折り返しを右足で流し込んで先制点。今季、FC今治から期限付き移籍で加入したMFが、J1デビュー戦で初ゴールを記録した。

 前半はなかなか攻撃面で良さをみせることができなかった仙台。渡邉晋監督はハーフタイムで2枚替えを決断し、長沢と梁勇基に代えてMF吉尾海夏とFW阿部拓馬をピッチに送り出す。後半開始からアグレッシブに攻撃を仕掛けたが、同点に追いつけずにいると、痛恨の2失点目を喫してしまう。

 湘南は後半18分、左サイドからFW梅崎司が持ち上がり、中央に切れ込みながらペナルティーアーク内のDF山根視来につなぐ。ファーストタッチから山根が素早く左足を振り抜き、ゴール右に突き刺して2-0とリードを広げた。山根は今季初ゴールとなった。

 2点ビハインドと厳しい状況となった仙台は、後半19分にFW石原直樹の落としに反応した吉尾がペナルティーアーク内から右足でコントロールショット。しかし、右ポスト外側をかすめて外れてしまう。21分には、MFシマオ・マテに代えてFWハモン・ロペスを投入。最後の交代カードを使い切り、残り時間をピッチの11人に託した。

 後半40分、仙台は左サイドからDF永戸勝也がクロスを供給し、ファーサイドのハモン・ロペスがヘディングシュートを決め、1点差に詰め寄る。しかし、反撃もここまで。湘南が2-1で逃げ切り、今季2勝目を挙げた。一方、仙台のリーグ戦初勝利(1分3敗)は次節以降に持ち越された。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●[J1]第4節 スコア速報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP