beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

南野が先制アシスト!! ザルツブルクの完封勝利に貢献して代表合流へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ザルツブルクFW南野拓実(写真は2月21日のもの)

[3.17 オーストリア・ブンデスリーガ第22節 インスブルック0-2ザルツブルク]

 オーストリア・ブンデスリーガ第22節が17日に行われ、日本代表FW南野拓実が所属するザルツブルクインスブルックのホームに乗り込み、2-0の完封勝利を収めた。先発出場を果たした南野は後半43分までプレーし、1アシストを記録している。

 前半21分に試合を動かしたのはアウェーのザルツブルクだった。南野が最終ライン裏に抜け出してスルーパスを呼び込むと、GKを引き付けて送ったラストパスをFWモアネス・ダブールが無人のゴールに流し込み、スコアを1-0とした。

 1-0のまま後半を迎えると、同22分には浮き球のパスから左サイドを抜け出した南野が独走してフィニッシュまで持ち込むが、シュートは相手GKに阻まれて追加点を奪うには至らなかった。

 南野は試合終盤に肩を強打してピッチ上に倒れ込み、その後は立ち上がってプレーを続行しようとしたものの、直後の後半43分にベンチに下がった。その後、後半アディショナルタイムに細かなパスワークからMFドミニク・ショボスライがダメ押しゴールを奪ったザルツブルクが2-0の完封勝利を収めた。

●海外組ガイド

TOP