beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

サウジ協会に罰金1万ドル…国歌斉唱中にブーイング

このエントリーをはてなブックマークに追加

カタール戦のサウジアラビア代表

 アジアサッカー連盟(AFC)は8日、サウジアラビアサッカー協会に10,000ドル(約111万円)の罰金を科した。1月17日に行われたアジアカップグループリーグ第3戦のサウジアラビア対カタール戦で、サウジアラビアのサポーターがカタール国歌の演奏中にブーイングを行ったため。規律・倫理委員会が発表した。

 またAFCは同日、アジア杯準決勝UAE対カタール戦のキックオフが1分10秒間にわたって遅れたとして、UAEサッカー協会にも1,500ドル(約16万6,000円)の罰金を科した。

●アジアカップ2019特設ページ

TOP