beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

名古屋は守護神ランゲラックが負傷退場…横浜FMとの上位対決はドロー

このエントリーをはてなブックマークに追加

横浜FMが追いついてドローとなった

[4.13 J1第7節 横浜FM1-1名古屋 日産ス]

 J1第7節、日産スタジアムで行われた横浜F・マリノス名古屋グランパスの一戦は、1-1の引き分けに終わった。3位と5位の上位対決だったが、勝ち点1ずつを分け合い、名古屋が13、横浜FMが12となった。

 横浜FMは前々節よりGKを朴一圭に変更。すると、2戦連続無失点と好結果をもたらした。しかし前節の浦和戦でセンターFWとして出続けていたFWエジガル・ジュニオが左足ハムストリングの肉離れを発症。FW遠藤渓太が今季初先発となった。

 一方の名古屋は3戦連続でスタメンに変更なし。しかしベンチ入りメンバーではMF杉森考起とMF榎本大輝が復帰を果たした。[スタメン&布陣はコチラ]

 先制点は名古屋が決めた。前半8分、エリア内でDF宮原和也が遠藤に蹴られてPKを獲得する。これを蹴るのはFWジョー。開幕戦の2ゴール以来、ゴールのなかった昨年の得点王だが、GKとは逆の左隅にしっかりと蹴り込んで、6試合ぶりのゴールを奪った。

 ただ横浜FMもすぐに反撃。前半11分にDF松原健がエリア内から狙った左足シュートはクロスバーに嫌われたが、同20分、カウンターからMF三好康児がスルーパス。FW仲川輝人がダイレクトで折り返すと、FWマルコス・ジュニオールが流し込んで、同点に追いついた。

 そして同点とされた名古屋に更なる悲運が襲う。前半29分にクロスボールを処理したGKランゲラックと遠藤が激しく接触。ランゲラックは頭部を負傷してしまう。その場で治療が試みられたが、メディカルの判断は「×」。急きょ、GK武田洋平との交代を余儀なくされた。

 1-1のまま入った後半。互いに決めきれない展開になる。後半17分に横浜FMはゴール前でFKを獲得。マルコス・ジュニオールが蹴った右足シュートは壁を越えるが、惜しくも枠左に外れる。名古屋は後半25分から投入されたMF相馬勇紀の再三にわたる仕掛けからチャンスを作るが、あと一歩詰め切れず。同39分のカウンターから迎えたジョーの決定機も、GK朴のビッグセーブに防がれてしまった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP