beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

バルサ呆然…ミラクルCKはなぜ生まれた?殊勲の20歳SBが同シーンを振り返る

このエントリーをはてなブックマークに追加

決勝点をアシストしたDFトレント・アレクサンダー・アーノルド

[5.7 欧州CL準決勝 リバプール4-0バルセロナ]

 リバプール(イングランド)は7日、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)準決勝第2戦でバルセロナ(スペイン)とホームで対戦し、4-0の勝利を収めた。2試合合計4-3と逆転に成功し、2シーズン連続のファイナル進出。決勝ゴールをアシストしたDFトレント・アレクサンダー・アーノルドが同シーンを振り返っている。

 敵地での第1戦(0-3)をベンチで見届けていたアレクサンダー・アーノルドは、第2戦で右サイドバックとしてスタメン出場。1-0の前半7分、右サイドでのインターセプトからクロスを送り、MFジョルジニオ・ワイナルドゥムの追加点を演出する。さらにリバプールは同11分、再びワイナルドゥムが決めて2戦合計3-3と同点に追いつくと、同34分に奇跡のゴールが生まれた。

 右サイド深くでMFセルジ・ロベルトと対峙したアレクサンダー・アーノルドは意図的にクロスを当てて右CKを獲得。ボールをセットした後に一度コーナーアークに立った同選手は、MFシェルダン・シャキリが近寄ってきたのを確認し、キッカーを譲ろうとボールから離れかけたが、視線はゴール前から外していなかった。

 フリーのFWディボック・オリギを見つけると、素早く反転してキックの動作に入り、右足で低いクロスを供給。中央のオリギが右足でゴール左に蹴り込み、合計スコア4-3とする逆転弾を奪った。おそらく誰もが予想していなかったクイックリスタート。バルセロナの選手たちも失点直後は何が起きたか分からない様子で呆然としていた。

 アレクサンダー・アーノルドは同シーンについて欧州サッカー連盟(UEFA)公式サイトを通じ、「本能的だった」と咄嗟の判断だったことを明かしている。そして「オリギはトッププレーヤーであり、誰もがこの瞬間を記憶に刻むことだろう」と決勝点を挙げたチームメイトを称えた。

 FWモハメド・サラーやFWロベルト・フィルミーノなど主力が欠場した中、2ゴールを演出してチームを救ったアレクサンダー・アーノルド。欧州CL準々決勝以降、4アシスト目を記録し、リバプールの躍進をけん引する存在となっている。

●チャンピオンズリーグ(CL)18-19特集
●世界最高峰の戦いを見逃すな!!“初月無料”DAZNでライブ配信中
●プレミアリーグ2018-19特集
●リーガ・エスパニョーラ2018-19特集

TOP