beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

鳥栖は新体制の初陣飾れず…J2柏とスコアレスドロー

このエントリーをはてなブックマークに追加

正式就任後初の試合となった金明輝監督

[5.8 ルヴァン杯グループリーグ第5節 鳥栖0-0柏 駅スタ]

 ルヴァンカップのグループリーグ第5節が8日に開催され、B組では3位サガン鳥栖(J1)がホームで4位柏レイソル(J2)と0-0で引き分けた。プレーオフステージ進出を懸けて臨む最終節は22日に行われ、鳥栖はFC東京、柏は仙台とそれぞれホームで対決する。

 鳥栖は金明輝監督の正式就任後初のゲーム。試合当日に38歳の誕生日を迎えた指揮官の下、3月に福岡から期限付き移籍したDF岩下敬輔がスタメンとして加入後初出場を果たし、2種登録選手の17歳MF本田風智が初めてベンチメンバーに入った。対する柏は直近のリーグ戦から先発4人を変更。J2でチームトップの3得点を記録しているFWオルンガなどがスタメン出場した。

 前半1分、PA手前右で仕掛けたオルンガが左足の鋭いシュートでゴールを襲うと、その後も柏はケニア代表ストライカーにボールを集めて攻勢に出る。しかし、無得点のまま時間が経過。一方、鳥栖は前半の終盤にFW豊田陽平とMF高橋義希が好機を迎えるが、いずれも相手の好守に阻まれた。

 後半も主導権を握った柏。だが、FW江坂任が何度か迎えたシュートチャンスを決め切れずにいると、徐々に両チームとも球際の激しさが増し、小競り合いで試合が止まる場面が目立つようになる。結局、互いに最後までゴールを奪えず、0-0で終了となった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●ルヴァン杯2019特設ページ
●[ルヴァン杯]GL第5節 スコア速報

TOP