beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

伊藤、中村、田川、宮代2発! 原も合流したU-20日本代表、練習試合で5発勝利

このエントリーをはてなブックマークに追加

追加招集のFW原大智(FC東京)も45分間プレー

[5.13 練習試合 U-20日本代表 5-0 流通経済大]

 ポーランドで開幕するU-20ワールドカップに向け、千葉県内で合宿中のU-20日本代表は13日、流通経済大とトレーニングマッチ(45分×2本)を行い、5-0で勝利した。

 1本目のメンバーはGK若原智哉(京都)、最終ラインは右からDF菅原由勢(名古屋)、DF三國ケネディエブス(福岡)、DF小林友希(神戸)、DF東俊希(広島)と並んだ。中盤はMF伊藤洋輝(名古屋)とMF山田康太(横浜FM)のダブルボランチで、2列目は右にDF喜田陽(福岡)、左にMF中村敬斗(G大阪)。FW田川亨介(FC東京)とFW宮代大聖(川崎F)が2トップを形成した。

 U-20日本代表はキャプテンマークを巻いた田川が裏抜けからチャンスをつくる。20分には菅原の鋭い縦パス一本で田川が抜け出し、左足シュートを打ったが、惜しくもゴール左へ。24分には山田がカットインから強烈ミドルでゴールを脅かすと、攻勢の中でスコアが動いた。

 前半24分、右CKでショートコーナを選択し、宮代のリターンを受けた東がクロスを供給。バウンドしたボールに伊藤が反応。PA脇左の位置で左足を振り抜き、ネットを揺らした。45分にも三國のフィードで右サイドを抜け出した喜田が深い位置から絶妙なクロスを入れ、ファーサイドの中村が左足ボレーで叩き込んだ。
 
 2-0とした2本目は頭からメンバー2人を変更し、GKは茂木秀(C大阪)。きょう追加招集されたFW原大智(FC東京)も左サイドハーフに入り、中村が右サイドにシフトした。後半16分、山田に代わって再び喜田が投入され、喜田はボランチの位置に入った。

 原と宮代が位置を入れ替えると、そこから徐々に持ち直し、後半17分、原のシュートが左ポストを直撃。後半18分には伊藤のパスを受け、左からカットインした宮代が右足シュートを沈め、3-0。後半26分にも菅原のフィードで加速した田川が相手DFをかわして独走し、GKとの1対1を制した。34分には伊藤を下げて山田が戻り、ボランチの位置に入った。

 後半37分、喜田の右クロスに合わせた宮代がしっかりと仕留め、ダメ押しの5点目。最後は4-3-2-1のオプションも試し、前線は田川を1トップにシャドーが三國、原。山田がアンカーを務め、三國に代わって菅原がセンターバックに移り、喜田が右サイドバックを務めた。5-0で勝利したU-20日本代表は2日間の合宿を打ち上げ、あす14日、決戦の地ポーランドへ出発する。

(取材・文 佐藤亜希子)

●U-20ワールドカップ2019特集ページ

TOP