beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

清水のフィジカルコーチが交代、新GKコーチも決定

このエントリーをはてなブックマークに追加

 篠田善之コーチが新監督に就任した清水エスパルスは15日、体制の変更を発表した。

 チームはJ1リーグ第11節終了時点で2勝2分7敗の勝ち点8で17位と低迷しており、12日に行われた第11節川崎F戦で0-4の完封負けを喫して3連敗。ヤン・ヨンソン監督の退任、篠田コーチの監督就任が発表されていた。

 この日、GKコーチにイングランド出身のジェリー・ペイトンコーチが就任したことが発表された。フィジカルコーチは土斐崎浩一氏が退任し、國保塁コンディションニングコーチが就任した。

 クラブを通じて、土斐崎氏は「篠田監督のもと、新しい体制の中、若い力で進めていって欲しいと思います。監督だけが変化するよりは、そこにもう一つ起爆剤となり、みんなが更に一体になってもらいたいと願い、自分でアクションを起こさせていただきました。ぜひ、選手たちの爆発に期待しています。これまで3年半、本当にありがとうございました」とコメントを発表した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP