beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ウルグアイ、日本戦を前にスタメン情報が流出か

このエントリーをはてなブックマークに追加

21日に日本と対戦するウルグアイ(写真は初戦のメンバー)

 ウルグアイ代表は21日、コパ・アメリカのグループC第2節で日本代表と対戦する。試合を前に、同代表のスターティングメンバーが判明したことをウルグアイ『オバシオン』が報じた。

 記事によると同メディアは18日、練習場から離れた高所で400mmレンズのカメラを用い、トレーニング中の様子を撮影。これにより、オスカル・タバレス監督が日本戦に向けて用意していると思われるフォーメーションおよびメンバーが明らかになったという。

 同メディアが伝えたウルグアイの布陣は4-4-2。最後尾にGKフェルナンド・ムスレラを据え、ディフェンスラインはDFマルティン・カセレスが右サイドバック、DFディエゴ・ラクサールが左サイドバック、DFディエゴ・ゴディンとDFホセ・ヒメネスがセンターバックを務めるようだ。

 また、中盤は右からMFナイタン・ナンデス、MFロドリゴ・ベンタンクール、MFルーカス・トレイラ、MFニコラス・ロデイロ。2トップにはFWルイス・スアレスとFWエジソン・カバーニが配置されると見られる。

 ウルグアイは17日に行われた初戦のエクアドル戦で4-0の快勝。日本を4-0で下したチリと並び、現在グループCで首位タイにつけている。

●コパ・アメリカ(南米選手権)2019特集
★コパ・アメリカが観られるのはDAZNだけ!全試合を独占ライブ配信

TOP