beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

レアルのポグバ獲得交渉は前途多難…スペイン史上最高額が必要か

このエントリーをはてなブックマークに追加

ポール・ポグバの去就は…

 レアル・マドリーマンチェスター・ユナイテッドMFポール・ポグバを獲得するためには、スペイン史上最高額の移籍金が必要になるようだ。スペイン『マルカ』が報じた。

 先日には「新しいチャレンジをするべきタイミングだ」と発言するなど、今夏のユナイテッド退団が取り沙汰されているポグバ。代理人のミーノ・ライオラ氏も「クラブにいる全員がポグバの希望を知っている」と語っており、ユナイテッドに退団を容認するよう呼び掛けている。

 しかし、イングランドクラブは売却の意思がないことを明確に示しているようで、追加の予算も必要とはしていないという。『マルカ』は「代役を確保した場合にのみユナイテッドはオファーを聞き入れる」と伝えており、そのうえで莫大な評価額を示さなければならないという。

 そして、新天地候補の1つとして挙げられているのがレアルだが、両クラブの関係が良好とはいえユナイテッドに売却意欲はなく、1億8000万ユーロ(約219億7000万円)の移籍金が必要となるようだ。もしこの金額で取引が成立すれば、スペインクラブ史上最高の獲得額となる。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●プレミアリーグ2019-20特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP