beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

千葉の勢力図変えた日体大柏CB伊藤夕真主将「2強だけじゃないんだぞ、と伝えたかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

日体大柏高のCB伊藤夕真主将は大会の注目選手でも一人

 夏の高校サッカー日本一を争う令和元年度全国高校総体(インターハイ)「感動は無限大 南部九州総体2019」サッカー競技(沖縄)が7月26日に開幕する。日体大柏高(千葉)のCB伊藤夕真主将(3年)は高精度のフィードと打点の高いヘッドに加え、ロングスローも武器とする実力派DF。市立船橋高、流通経済大柏高などを破って千葉制覇を果たした注目校のリーダーが、五條高(奈良)戦から始まる全国大会への意気込みなどを語った。

―インターハイ予選が終わってから少し時間が経ったけれど、今の心境は?
「みんな落ち着いていますし、チームとしても今、良い雰囲気ができていると思います」

―千葉で優勝した反響は?
「周りからも日体が勝ったんだと聞かれたりして、びっくりしている人もいますし、自分としては2強だけじゃないんだぞ、と伝えたかったので良かったですね」

―自信もあったと思うが?
「関東予選1回戦で負けちゃって、その負けからここまで練習終わったあとにミーティングとかして、そういう積み重ねがあったからこそ、ここまで上がって来れたんじゃないかなと思っています」

―レイソルのコーチングスタッフの教えで特に力になった部分は?
「みんな技術も上がってきて、足元も良くなってきた。今は守備とかもやっているんですけれども、状況に応じてパスのスタイルも変えられて、2つのスタイルができて良いのかなと思っています」

―流経、市船との戦いを勝ち抜けた要因は?
「守備を中心にやってきていて、守備からのカウンターという形が今できていて、その形があったからこそ上がって来れたと思っています」

―個人的に自信になった部分は?
「ロングスローを前に上げたり、ヘディングだったり、キックの精度とか自信になりました」

―インターハイではどのような戦いをしたい?
「今のスタイルを貫きつつ、全員で戦いたいです」

―市船、流経を倒したチームとして見られると思うが?
「千葉県代表として恥じないように、全員で優勝目指して頑張っていきたい

―個人的に見てもらいたい部分は?
「ロングスローとキックの精度とヘディングの強さとかですね」

(取材・文 吉田太郎)
●【特設】高校総体2019

TOP