beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

高尾瑠、G大阪のレギュラーとして憧れの豊スタ名古屋戦のピッチに立つ

このエントリーをはてなブックマークに追加

豊田スタジアムのピッチに立った高尾瑠

[7.20 J1第20節 名古屋2-2G大阪 豊田ス]

 あこがれ続けたピッチに立った。しかしユニフォームの色は赤ではなく青。DF高尾瑠ガンバ大阪の選手として、豊田スタジアムで名古屋グランパスと戦った。

「感慨深かったです。いろいろと湧き出てくるものはありました」

 愛知県知多半島の中央部に位置する阿久比町出身の高尾。名古屋の下部組織に入団すると、U18までプレー。関西学院大に進学し、1年生から不動のレギュラーとして活躍。大学で確実に力をつけて、Jリーガーになった。

 ただ大学1年生の時は全国のタイトルを総なめする最強チームの一員だったが、副将となって迎えた最終学年の昨季は無冠。総理大臣杯には予選で敗れたために出場できず、同大会ではボールパーソンを務めたこともあった。

昨年は総理大臣杯でボールパーソンを務めていた高尾瑠

 G大阪入団後も「最初は躓いた」。トップチームが低迷する中でもお呼びがかかることはなく、J3での試合出場が続いた。ただそこで気持ちを切らすことなく、自らのプレーを心掛けることに集中。「そこで頑張ったことが今に繋がっていると思います」。

 ようやくトップチームでデビュー出来たのは5月8日のルヴァン杯の清水戦。そしてリーグ戦では同18日のC大阪とのダービーマッチで先発出場すると、9試合連続フル出場を果たす不動のレギュラーになった。

 しかし本来は右SBで攻撃力を武器とする選手だが、現在与えられているポジションは「今までやったことがない」という3バックのストッパー。「最初はどうやったらいいかも分からなかった」というが、紅白戦で日本屈指の攻撃力を誇るG大阪のFW陣と対峙することで、自信を深めていったという。

 日本サッカー史に名を残す名DFだった宮本恒靖監督は、これ以上ないお手本。言葉を掛けられることもあり、何よりも自信を持つようにと言われているという。「僕が一番やりたいことは攻撃。ツネさんも使ってくれているということは、ゼロで抑えることももちろんだけど、攻撃も求めていると思います。結果を出したいなと思います」。

 J1の試合に出場し続けることで、同時に難しさも感じてきている。7月7日に敵地で行ったFC東京戦では、MFナ・サンホに1対1でぶち抜かれ、失点の原因になってしまった。試合後は「課題もたくさん出た。これがJ1?そうですね」と反省。「克服すればもっと上に行けると思う」とレベルアップを誓っていた。

 そして「地元なので出れたらいいな」と話していた豊田スタジアムでの一戦。もちろん先発でピッチに立った高尾は、知り合いも多く駆け付けていたという舞台で成長した姿を見せつけてやろうとプレーした。

 ただ試合後にピッチに立った感想を聞くと、まずは「早い時間で失点して、相手のペースになってしまった。あまりいい展開じゃなかったですね」と真っ先に反省の言葉を口にした。心は完全に青黒の戦士。何があってもG大阪の勝利のためだけにプレーする。

(取材・文 児玉幸洋)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP