beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ロナウドも熱視線…レアル久保建英に5クラブがオファーか

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW久保建英に5クラブがオファー

 レアル・マドリーのFW久保建英に対し、元ブラジル代表FWのロナウド氏が会長を務めるバリャドリー(スペイン1部)など5クラブがオファーを出しているようだ。スペイン『マルカ』が報じている。

 同紙によると、選手時代に“銀河系軍団”の一員だったロナウド氏は久保の能力を高く評価。今もレアルのフロレンティーノ・ペレス会長と良好な関係を築いており、久保の期限付き移籍での獲得を求めているという。また、他にも4つのクラブが興味を示していると伝えられている。

 レアル加入後、北米ツアーやドイツ遠征で好パフォーマンスを見せ、試合ごとに評価を高めている久保。しかし、チームのEU圏外選手枠は現時点でブラジル人のFWビニシウス・ジュニオールとDFエデル・ミリトン、ウルグアイ人のMFフェデリコ・バルベルデで埋まっている。現在バルベルデが申請しているスペイン国籍取得が認められた場合、枠が1つ空くという状況だ。

 ジネディーヌ・ジダン監督は久保の今後について、カスティージャ(スペイン3部)でプレーしながらトップチームの練習に参加することで経験を積ませることを示唆している。

 久保の新シーズンの主戦場は1部と3部どちらになるのか。リーガ・エスパニョーラの移籍期間は今月31日までとなっている。

●海外組ガイド
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集

TOP