beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

開幕戦で板倉がデビュー!! 堂安もフル出場のフローニンゲンは白星発進

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF堂安律(左)とDF板倉滉

[8.3 エールディビジ第1節 エメン0-1フローニンゲン]

 オランダ・エールディビジは3日、第1節2日目を開催し、MF堂安律とDF板倉滉が所属するフローニンゲンエメンのホームに乗り込み、1-0の完封勝利を収めた。堂安と板倉はともに先発フル出場している。

 在籍3シーズン目を迎えた堂安は4-2-3-1のトップ下、在籍2年目を迎えた板倉は左CBの位置に入ってスタート。オランダデビュー戦となった板倉だが体を張った守備で相手攻撃をはね返すだけでなく、技術の高さを示すようなボールさばきで攻撃にリズムをもたらす場面も。前半27分にはFWマルコ・コラールの突破をスライディングでストップしたが、ファウルの判定でイエローカードを提示されてしまった。

 前半をスコアレスで折り返すと、ともに得点を奪えずに試合が進む。後半36分には右サイドのDFデヨファイシオ・ゼーファイクが送ったクロスから堂安がゴール前でフリーになるが、ヘディングシュートはジャスト―ミートさせることができずにGKデニス・テルヘンカンプの手中に収まった。

 しかし後半41分、左サイドをドリブルで持ち上がった板倉のパスを中央で受けたMFラモン・パスカル・ルンドクビストの浮き球のパスからPA内に走り込んだFWアイディン・フルスティッチがループシュートを沈め、フローニンゲンが1-0の完封勝利を収めた。

●海外組ガイド
●オランダ・エールディビジ2019-20特集

TOP