beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

戸嶋&渡邉が鮮やかダイレクト弾!新潟が4ゴールで徳島を一蹴

このエントリーをはてなブックマークに追加

アルビレックス新潟が完封勝利

[8.4 J2第26節 新潟4-0徳島 デンカS]

 J2リーグは4日、第26節が行われた。デンカビッグスワンスタジアムではアルビレックス新潟徳島ヴォルティスが対戦。新潟が4-0で完封勝利をおさめ、4試合無敗(2勝2分)とした。一方、徳島は2試合ぶり黒星を喫した。

 徳島が立ち上がりから積極的にシュートを放つなど、主導権を握る。しかし、先手を取ったのは新潟だった。前半24分、右CKからMF高木善朗が高い弾道のクロスを送り、相手のクリアボールをペナルティーアーク手前からMF戸嶋祥郎が右足ダイレクトボレー。豪快なシュートがゴール右隅に吸い込まれ、スコアを1-0とした。

 さらに新潟は前半30分、右サイドからDF新井直人がクロスを入れ、PA中央でFWレオナルドが足もとにおさめる。利き足の右側は相手DFに切られていたが、落ち着いてボールを持ち替えて左足シュート。威力はなかったがゴール右隅に決まり、2-0とリードを広げた。

 2点ビハインドで前半を終えた徳島は、ハーフタイムで2枚替えを敢行。DF石井秀典とMF鈴木徳真に代え、DF田向泰輝とMF渡井理己を投入した。

 新潟は後半11分に高木を下げてFW矢野貴章をピッチに送り込む。すると14分、右サイドでMFフランシスが強引にカットインすると、ペナルティーアーク内へ転がったボールをMF渡邉新太が右足ダイレクトショット。これが右ポストの内側に当たってゴールネットを揺らした。

 新潟は後半43分、レオナルドの浮き球パスをPA内で受けたMF本間至恩が細かいタッチから右足シュートを沈め、4-0。守備陣が最後まで徳島にゴールを許さず、完封勝利をおさめた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●[J2]第26節1日目 スコア速報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP