beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

横浜FCが7連勝でクラブ新記録樹立!! 大卒ルーキー&特別指定選手が初ゴール

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF中山克広がプロ初ゴール

[8.4 J2第26節 福岡0-2横浜FC レベスタ]

 J2リーグは4日、第26節が行われた。レベルファイブスタジアムではアビスパ福岡横浜FCが対戦。MF中山克広のプロ初ゴールなどで横浜FCが2-0で勝利をおさめ、7連勝を飾った。

 福岡は前半13分、右サイドの敵陣中央でFKを獲得。MF鈴木惇が左足でクロスを上げると、FWヤン・ドンヒョンが頭で合わせるが左ポストを直撃。33分には左サイドのハーフェーライン付近からDF輪湖直樹がロングパスを送り、MF松田力がPA左から中央に折り返す。これをヤン・ドンヒョンが滑り込みながら合わせたが、惜しくもクロスバーを叩いた。

 対する横浜FCは前半26分、右CKのこぼれ球をPA右で回収したMF中山克広が中央へ送り、MF斉藤光毅がワンタッチで角度を変え、左ポスト付近でボールを受けたMF松尾佑介のラストパスをMF田代真一が左足でゴールネットを揺らす。しかし、松尾のオフサイドと判定され、得点は認められなかった。

 前半はスコアレスで終了。福岡は後半2分、左サイドで輪湖がヤン・ドンヒョンに預けると、ゴール前に走り込む。ヤン・ドンヒョンの縦パスをFW木戸皓貴がヒールでPA左へ送り、輪湖が右足シュートを放つ。流れるようなパスワークからのシュートだったが、GK南雄太に止められてしまう。11分にはPA内でヤン・ドンヒョンが巧みなボールコントロールからマークをはがして右足を振り抜いたが、GK南の股下を抜けたシュートは枠を外れた。

 なかなかシュートまで持ち込めない横浜FCは後半18分、FWイバとDF武田英二郎を下げ、FW皆川佑介とDF袴田裕太郎を送り込む。すると、32分に左サイドから袴田がクロスを送り、ファーサイドの中山がしっかり足もとに収めて右足シュート。今季、専修大から加入したルーキーのプロ初ゴールで横浜FCが先制した。

 さらに横浜FCは後半37分、ゴールキックから皆川が頭でフリック。斉藤がドリブルで相手を引きつけてPA左へラストパスを送り、松尾が右足でニアに流し込んだ。来季加入が内定している仙台大MFが初ゴールを挙げ、横浜FCが2-0で完封勝利。7連勝でクラブ史上新記録を樹立した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●[J2]第26節1日目 スコア速報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP