beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

水戸に苦しめられた前回王者・浦和…ファブリシオのPK2発で逆転勝利

このエントリーをはてなブックマークに追加

PKで2点を決めた浦和レッズFWファブリシオ(写真は昨季のもの)

[8.14 天皇杯3回戦 浦和2-1水戸 Ksスタ]

 天皇杯JFA第99回全日本サッカー選手権の3回戦が14日に行われ、ケーズデンキスタジアム水戸では水戸ホーリーホックと対戦した前回王者の浦和レッズが2-1の逆転勝利を収めた。

 浦和は10日のJ1第22節札幌戦(△1-1)からGK西川周作を除く10人を入れ替え、水戸は10日のJ2第27節横浜FC戦(△0-0)から先発全員を入れ替えてこの一戦を迎えた。

 序盤から浦和がボールを保持して試合を進めるが、前半20分に水戸が決定機を創出。右サイドからDF浜崎拓磨が蹴り出したFKをFWジョーがヘディングで合わせたシュートは西川にストップされ、こぼれ球にいち早く反応したDFンドカ・ボニフェイスが至近距離からフリーで放ったシュートはクロスバーを叩いてしまった。

 さらに前半28分にも水戸が決定機を生み出し、自陣からの縦パス1本で抜け出したFW村田航一のクロスからファーサイドでフリーになったMF浅野雄也がヘディングシュートを放つが、好反応を見せた西川のビッグセーブに阻まれ、先制の好機を逸してしまった。

 0-0のまま後半を迎えると、後半6分にPA内でジョーがDF森脇良太のファウルを誘って水戸がPKを獲得。このPKをジョー自らがきっちりと沈めて水戸が先制に成功する。1点のビハインドを背負った浦和は同10分、DF岩武克弥に代えてMF関根貴大をピッチへと送り込んだ。

 まずは同点に追い付こうとする浦和は後半12分、左サイドを突破したDF山中亮輔のグラウンダーのクロスを中央でフリーになったFWマルティノスがダイレクトで合わせるが、シュートをジャストミートさせることができずにボールはゴール左に外れた。しかし、同17分にPA内に侵入したマルティノスが相手選手のファウルを誘ってPKを獲得すると、キッカーを務めたFWファブリシオがネットを揺らして試合を振り出しに戻した。

 攻勢を強める浦和は後半34分、MF柏木陽介、MF柴戸海とつないだボールからPA内に走り込んだ関根が浅野のファウルを誘ってPKを獲得。このPKを再びキッカーを務めたファブリシオがしっかりとゴールを陥れ、浦和が逆転に成功した。

 試合終盤には水戸がゴールを脅かすが、後半アディショナルタイムのMF黒川淳史の強烈なシュートが西川に阻まれ、直後のCKからGK村上昌謙がドンピシャのタイミングで合わせたヘディングシュートがゴール左に外れ、さらにCKの流れから村上が右足で放ったシュートがポストを叩くなど同点ゴールは生まれず。逃げ切った浦和が2-1の逆転勝利を収めた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●第99回天皇杯特設ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP