beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[クラブユース選手権U-15]前回準V・C大阪と前々回王者・鳥栖が決勝へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
 第34回日本クラブユース選手権(U-15)大会は23日、北海道帯広市で準決勝を行った。前回準優勝のセレッソ大阪U-15横浜F・マリノスジュニアユースと対戦。1-1のまま突入した延長後半3分にDF堀川大夢が決勝点を決め、2-1で競り勝った。

 前々回王者のサガン鳥栖U-15FC東京U-15むさしにMF北野真平の2ゴールで2-1の逆転勝利。2年ぶりの決勝進出を決めた。

 2年連続ファイナル進出のC大阪U-15が悲願の初優勝を果たすか、鳥栖U-15が2年ぶり2度目の栄冠に輝くか。決勝は24日、幕別町陸上競技場で午前11時にキックオフされる。

【準決勝】
(8月23日)
[帯森球A]
サガン鳥栖U-15 2-1 FC東京U-15むさし
[鳥]北野真平2(59分、79分)
[F]田口輝一(53分)

[帯森球B]
セレッソ大阪U-15 2-1(延長)横浜F・マリノスジュニアユース
[C]池田任泰(61分)、堀川大夢(93分)
[横]島田春人(27分)

【決勝】
(8月24日)
[幕別]
サガン鳥栖U-15 11:00 セレッソ大阪U-15

●第34回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会

TOP