beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「ネット上をざわつかせた」久保建英の“鬼キープ”にスペイン紙が注目

このエントリーをはてなブックマークに追加

後半開始から途中出場したMF久保建英

[9.5 キリンチャレンジ杯 日本2-0パラグアイ カシマ]

 日本代表MF久保建英がパラグアイ戦で見せた“鬼キープ”にスペイン『アス』が注目している。動画を掲載し、「素晴らしいプレーでネット上をざわつかせた」とレポートした。

 日本は5日、ホームで行われたキリンチャレンジカップでパラグアイと対戦。前半23分にFW大迫勇也、同30分にMF南野拓実のゴールが生まれると、久保は2-0の後半開始からMF堂安律に代わってピッチに送られた。

 投入直後にいきなり惜しい直接FKを放った久保は、その後も攻撃で存在感を発揮。A代表最年少ゴールこそ持ち越しとなったが、45分間の出場ながら両チームを通じて最多タイとなる5本のシュートを記録した。

 同紙が動画で取り上げたのは、久保が右サイドのタッチライン際で披露したプレーだ。18歳MFはDFブラス・リベロスに体を寄せてボールを奪うと、リベロスや挟み込んできたDFブライアン・サムディオのマークをかい潜る。さらに目の前に立ちはだかったDFファビアン・バルブエナとMFラモン・マルティネスの間を通すパスを出し、大迫に届けてみせた。

 不利な局面を個の力で打開したワンプレーに対し、同紙は「久保がこの素晴らしいプレーでネット上をざわつかせた」と称賛。続けて「レアル・マドリーから貸し出されているマジョルカの選手は、現在代表チームでプレーしている。パラグアイとの試合でこのプレーを見せた」と紹介している。

 日本の次戦は、敵地で10日に開催されるミャンマーとのW杯アジア2次予選。久保はパラグアイ戦後、「自分は初めてなのでチャンスがあれば、しっかり楽しめればいいと思う」と次の戦いに意欲を示した。

●カタールW杯アジア2次予選特集ページ

TOP