beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

白血病で闘病中のボローニャ監督が再入院…「病状は良好」も次戦のブレシア戦は欠場か

このエントリーをはてなブックマークに追加

シニシャ・ミハイロビッチ監督が再入院

 急性白血病で闘病中のボローニャ指揮官シニシャ・ミハイロビッチが9日、治療のために再入院した。ボローニャ大学付属サントルソラ病院が発表している。

 ボローニャ監督のミハイロビッチは、今夏の合宿開始前日に白血病の診断を受け、7月13日に闘病中であることを発表した。それでもクラブは指揮官の続投を決断。スタッフが一丸となってインターネットやビデオ通話などを駆使し、遠距離での監督の指揮を支えてきた。

 ボローニャ指揮官は選手たちとの約束を守るため、不屈の闘志で8月25日のセリエA開幕戦のベローナ戦(1-1)のピッチでチームを指揮。選手やサポーターだけでなく、世界中で感動を呼んだ。翌週のスパル戦(1-0でボローニャが勝利)でもベンチに登場。今季初勝利をホームで味わった。指揮官はその後、10日間ほど家族とともに自宅で過ごしたが、第2段階の治療を受けるために再入院した。サントルソラ病院はミハイロビッチの病状について、「非常に良好である」と発表。「第1段階の化学治療により満足できる結果が得られた」としている。

 このため15日に予定されているセリエA第3節ブレシア戦では、戦術担当のエミリオ・デ・レオおよびアシスタントコーチのミロスラフ・タニガがベンチに座り、ビデオ通話などを通じて、入院中の指揮官の指示を仰ぐ。なお次戦のブレシア戦だが、『コリエレ・ディ・ボローニャ』は9日、センターバックを務めるDFダニーロ・ラランゲイラが負傷により20日間にわたり離脱するため、守備の再編を余儀なくされると報じた。代役として、通常右サイドバックを務めるDF冨安健洋もしくは守備的MFのガリー・メデル、またはDFマッティア・バーニが起用される可能性が指摘されている。

●セリエA2019-20特集
●冨安健洋の試合はDAZNで!!“初月無料”ライブ配信中
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP