beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

1G1AのC大阪DF松田陸、先制点は「あっ、これ入る」

このエントリーをはてなブックマークに追加

セレッソ大阪DF松田陸

[9.13 J1第26節 浦和 1-2 C大阪 埼玉]

 1得点1アシストと全得点に絡み、勝利の立役者となった。セレッソ大阪DF松田陸は試合後、充実した表情を浮かべた。

 まずはスコアレスで折り返した後半開始早々の同2分に先制点を陥れる。左SBのDF丸橋祐介が左サイドを突破すると、逆サイドを松田も駆け上がる。中央に切れ込んだ丸橋のラストパスが右へと流れてくると、「丸くん(丸橋)が良い感じで持ち上がってくれて、(水沼)宏太くんが相手のウイングバックを引き連れてくれた」とフリーとなっていた松田は「メッチャ大きな声で『スルー』と言った」。

 水沼がスルーすると、松田は迷いなく右足でシュートを狙う。「相手選手にちょっと当たった」とMF汰木康也に触れたボールはコースが変わったものの、「当たって良いコースに行き、パッと見たら『あっ、これ入る』と思った」とGK西川周作の逆を突いてネットを揺らし、先制点となるゴールが生まれた。

 さらに同点に追い付かれて迎えた後半39分には決勝点を演出。右サイドでボールを受けると、水沼に預けて自らは中央へと駆け込む。「宏太くんが開いてくれて、(鈴木)孝司くんも良い感じでダイレクトで出してくれた」とFW鈴木孝司を経由したボールは再び松田の足元へと戻ってくる。

「クロスを狙うか、シュートを打つか迷った」ものの、中央でフリーで構えるMF田中亜土夢を見逃さずにパスを届けると、「えげつないのを決めてくれた」と田中が鮮やかなミドルシュートを突き刺して決勝点が生まれた。

 9月28日に行われる次節はG大阪とのダービーであり、「勢いに乗ってダービーに挑みたかったので良かった」と4連勝となる白星に白い歯を見せた。

(取材・文 折戸岳彦)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP